ヘッダー

沿革・事業推移

創業〜1970年代

1965年
(昭和40年)
4月
函館市大手町において鮮魚・冷凍食品の小売業を開業
1969年
(昭和44年)
丸井今井函館店地階鮮魚部テナントとして入店
1970年
(昭和45年)

株式会社魚長食品を設立(資本金800万円)

函館市大手町に本社社屋を新築
1971年
(昭和46年)
ボーニストア彩華店鮮魚部テナントとして入店(平成7年10月閉店)
1972年
(昭和47年)

函館市豊川町所在(株)択捉企業公社跡地を買収し加工センターを設置(現本社地)

ボーニストア深堀店鮮魚部テナントとして入店
1973年
(昭和48年)

新川町自由市場に出店

株式会社マルカツを設立(資本金300万円)不動産賃貸・損害保険代理店業務

ボーニストア湯川店鮮魚部テナントとして入店(平成9年4月退店)
1974年
(昭和49年)
冷凍魚卸売部門を独立させ魚長スター販売株式会社を設立(資本金500万円)
1975年
(昭和50年)

ハセガワストアー谷地頭店鮮魚部テナントとして入店(現在キングストアー谷地頭店)

棒二森屋地階鮮魚部テナントとして入店

協同組合魚長を設立(購買、金融)

1976年
(昭和51年)

株式会社西部食品綜合卸センターを設立(資本金1500万円)
貸事務所、貸工場の管理

ボーニストア弁天店鮮魚部テナントとして入店

函館市本通1丁目に従業員社宅として共同住宅まどか荘6棟31戸を建築

ボーニストア万代店鮮魚部テナントとして入店
ボーニストア万代店鮮魚部テナントとして入店

ユニークショップつしま森店鮮魚部テナントとして入店
1977年
(昭和52年)

函館市中道ショッピングプラザあつや鮮魚部テナントとして入店(平成7年2月退店)

資本金2000万円に増資

ユニークショップつしま八雲店鮮魚部テナントとして入店

豊川町の配送加工センターを取り壊し本社社屋を新築、大手町より本社機能移転

函館市中道所在大型店舗を買収し、ボーニストアに賃貸、中道店鮮魚部テナントとして入店

旧函館郵便局取得(現在のはこだて明治館)
1978年
(昭和53年)

西桔梗町流通センター入口にUD配送センターを新築し、大丸藤井(株)函館支店に賃貸

ボーニストア花園店鮮魚部テナントとして入店(平成9年4月退店)

ボーニストア亀田八幡店鮮魚部テナントとして入店(平成9年3月退店)
1979年
(昭和54年)

ホテルニュー鹿部取得、鹿部観光ホテルとして営業(平成7年4月閉鎖)

江差町にショッピングセンターを新築
ユニークショップつしまに賃貸
江差店鮮魚部テナントとして入店
株式会社マルカツ興産設立(資本金800万円)
不動産管理賃借、観光土産品の販売

ユニークショップつしま大野店鮮魚部テナントとして入店(平成3年8月退店)

ユニークショップつしま長万部店鮮魚部テナントとして入店

上に戻るアイコンページトップに戻る

1980年代

1980年
(昭和55年)
資本金3000万円に増資
1981年
(昭和56年)

本町に第一マルカツビル新築(オフィスビル)

ユニークショップつしま赤川店、久根別店、松風店、各鮮魚部テナントとして入店(松風店は平成3年8月退店)

ユニークショップつしま日吉店鮮魚部テナントとして入店(平成7年9月退店)

ニチレイ万代町工場(冷蔵庫)取得
1982年
(昭和57年)

湯浜町サニーマート鮮魚部テナントとして入店(平成7年8月退店)

市民生協上磯店鮮魚部テナントとして入店

本町所在(丸井デパート隣)五島軒ビル取得、第二マルカツビル(飲食ビル)に改修
1983年
(昭和58年)

美原2丁目に賃貸マンション「コーポマツカツ」(3階建42戸)を新築

株式会社鹿部観光ホテル設立(資本金500万円)

ユニークショップつしま富岡店鮮魚部テナントとして入店(平成9年5月退店)

ユニークショップつしま本通店鮮魚部テナントとして入店
1984年
(昭和59年)

万代町旧ニチレイ工場跡にエアドーム式の屋内多目的アリーナを新築
「マルカツスポーツセンター」としてオープン

ユニークショップつしまテーオー店鮮魚部テナントとして入店

高陽食品株式会社(資本金3,000万円)を事業継承(乾燥珍味類製造)

江差町フレンドショップカネマツ鮮魚部テナントとして入店(平成8年5月退店)

「北の直行便」を全国発売
1985年
(昭和60年)

製造部門を分社独立し、株式会社マルカツ加工センターを設立(資本金500万円)

札幌に株式会社カスタムサービス道央本社を設立(現株式会社カスタムゴルフ札幌)(資本金1,000万円)
会員に対するゴルフ場の斡旋サービス業務

株式会社北海バイオテックを設立(資本金1,000万円)「きのこ栽培センター」として茸の菌床栽培を開始

松風町所在松園ビル(飲食ビル)を取得、第三マルカツ松園ビルとして営業継続
1986年
(昭和61年)

豊川町に賃貸マンション「マルカツトヨカワコモンズ」8階建(42戸)を新築

旧函館郵便局の建物「はこだてハイカラ市場 明治館」としてオープン

本町ライオンズマンション1階店舗部分取得
1987年
(昭和62年)

第三セクターの函館インフォメーション・ネットワーク株式会社(略称ハイネット)設立 代表取締役に就任

株式会社マルカツ興産 3,000万円、株式会社マルカツ 1,200万円に増資

株式会社ホテル函館ロイヤル 代表取締役社長に就任

1988年
(昭和63年)

美原1丁目所在店舗付賃貸マンション「八幸ハイツ」4階建(21戸)を取得

七重浜に「函館スパビーチ」(レジャープール、温泉、レストラン)オープン

ユニークショップつしま上湯川店鮮魚部テナントとして入店
1989年
(平成元年)
「函館スパビーチ」小公園に「マーライオン像」建立

上に戻るアイコンページトップに戻る

1990年代

1990年
(平成2年)

株式会社ボーニストアが函館ダイエー株式会社(現在の北海道スーパーマーケットダイエー株式会社)に吸収合併され、当社入店先店舗はそのまま移譲された)

本社社屋1階を改修し、はこだて海鮮市場オープン
1991年
(平成3年)

株式会社函館ファクトリー設立(資本金1,000万円)

本社隣接地に、はこだて海鮮市場2号館新築オープン

はこだて明治館内に「函館オルゴール明治館」オープン

大手町西部食品卸センター跡に はこだて明治館2号館改修オープン

函館スパビーチ「ホテル海王館」新築オープン(8階建64室)
1992年
(平成4年)

観光遊覧船「臥牛」取得、4月より函館湾内観光に就航、営業開始

本社裏加工場を改修し、はこだて海鮮市場3号館オープン

五稜郭公園入口にはこだて海鮮市場5号館オープン)

ホテル函館ロイヤルにて柏木町所在、旧あかしあホテルを取得し「ホテルロイヤル柏木」として改修オープン

業法人有限会社はまなす農林を設立(資本金1,000万円)
北海バイオテックの菌床椎茸栽培事業をを継承
1993年
(平成5年)

柳沢 勝「シンガポール政府観光局名誉観光領事」の称号を受ける(世界で唯一人)

株式会社マルカツ資本金4,800万円に増資
1994年
(平成6年)

万代町の「マルカツスポーツセンター」を解体し「マルカツスポーティウェーブ」新築オープン

末広町ウォーターフロントに「函館西波止場」新築オープン(はこだて海鮮市場、でれっきあらかると、はとば、函館海鮮倶楽部、ストレイジ)

株式会社おぐま冷蔵を設立(資本金3,000万円)
旧小熊水産倉庫(株)の冷蔵庫を取得営業開始
1995年
(平成7年)

3月4日 函館西波止場が「第10回公共の色彩賞」を受賞

株式会社角万長浜商店(資本金3,000万円、いか塩辛を主体に濡れ珍味類製造)
株式会社角万商事(資本金1,100万円、リカーショップ、セブンイレブン昭和店)の事業継承
1996年
(平成8年)

地域活性化貢献企業賞を受賞(国土庁、(財)地域活性化センター主催)

丸井今井函館店地下食品売場リニューアルにより鮮魚売場は北辰と二社競合となる

株式会社マルカツ興産で地ビール函館1号製造免許所得、大手町はこだて明治館2号館を改修し、「ブルワリー・パブはこだてビール」営業開始

1997年
(平成9年)
北海道拓殖銀行破綻、銀行取引は北洋銀行に継承(平成10年11月)
1998年
(平成10年)
函館湾内観光遊覧船として「臥牛」に代わり新しく「ブルームーン」就航
1999年
(平成11年)

有限会社はまなす農林での菌床茸栽培事業を侑愛会に全面譲渡

末広町ウォーターフロント所在、旧ジェットフォイルターミナルを借り受け、「西波止場弐番館」として新装オープン

株式会社マルカツ興産にて地ビール永久製造免許取得

上に戻るアイコンページトップに戻る

2000年代

2000年
(平成12年)

マルカツ加工センター第2工場を改装

はこだてビールは 「全国地ビール醸造者協議会」が創設したコンテスト 「ジャパンビアグランプリ2000」でレギュラータイプ3銘柄 全てがそれぞれの部門にて銀賞受賞
2001年
(平成13年)

「いのこ家(本町)」「RESTAURANT唐草館(青柳町)」賃貸

はこだてビール 品質安定保証マーク「UQアワード」を取得
2002年
(平成14年)
4月
魚長食品本社ビル「はこだて海鮮市場本店」を新築、25日プレオープン(旧1号館と3号館を統合)
8月
大門に9階建てホテルを新築、東横インに賃貸
9月
HAKODATE FACTORY看板が、2002年度北海道屋外広告物コンクール(社団法人北海道屋外広告業団体連合主催)の民間広告物部門で、最高位の道知事賞受賞
10月
はこだてビール「社長のよく飲むビール」が日本地ビール協会主催の2002インターナショナル・ ビア・コンペティション、ストロングエール部門にて金賞受賞
2003年
(平成15年)
4月
はこだて西波止場美術館」オープンテディベアアートや人形美術品などを展示
5月
はこだて海鮮市場5号館を取り壊し同地にはこだて海鮮市場 五稜郭公園前を新築オープン
2004年
(平成16年)
4月
はこだて海鮮市場大沼公園店オープン
12月
スパビーチ地階に会員制フィットネスクラブ「スバビーチ・スポーツクラブ」オープン
2005年
(平成17年)
2月
回転寿司いか祭の営業譲渡を受ける
4月
旧シーポートプラザにクラシックカーミュージアム函館を擁するクィーンズポートはこだてがオープン。そこへ「クィーンズポート明治館」をテナント出店
2006年
(平成18年)
6月
回転寿司いか祭を閉鎖
7月
回転寿司函館まるかつ水産」を本社向いの函館ベイ美食倶楽部内に開業
10月
函館スパビーチの屋内大型レジャープール、塩害による老朽化により安全のため止む無く閉鎖
12月
ホテルロイヤル柏木、老朽化のため閉鎖
2007年
(平成19年)
4月

ペアーレ乃木開業(レンタルホール&スペース)

JR函館駅に はこだて明治館・函館駅店 を出店
7月

スパビーチに夏限定の屋外流水プールをオープン

旧いか祭跡地に回転寿司 函館 まるかつ水産の2号店回転寿司函館まるかつ水産 豊川店をオープン
11月
上記跡地の一部をホリデイスポーツクラブに賃貸
2007年11月21日午後4時3分 グループ創業者 代表取締役 柳沢 勝 逝去
23日密葬の後、29日午後1時よりホテル函館ロイヤルにて告別献花式を行なう
2000人を超える参列者に見送られた

柳沢政人取締役営業本部長が代表取締役に就任
渡辺和輝が代表取締役専務に就任

上に戻るアイコンページトップに戻る


フッター