創業60年のかくまんが、

こだわりの製法を紹介します。

イカ釣り漁船にて水揚げれたイカは船凍といって新鮮なまま冷凍保存されます。

工場で解凍されたイカは職人がすばやく内蔵をとり、異物が混入していないかを念入りにチェックします。

その後、金属探知機でサビなど

が混入しないように確認。

その後、イカの胴体部分にご飯を詰めます。

そしてボイル。

秘伝のタレでじっくりと味をしみこませます。

イカが冷めたところで真空パック。

パックされた後は、レトルト殺菌。

 

 

すべて手作業です。

Alでも出来ないかも?

みなさまに安心して食べて欲しいんです。

かくまんのいかめしを食べてほしいです。