昨今のコロナウイルスによる感染拡大の影響により、世界経済が非常に不安定で、先行きが不透明です。プラス外出の自粛により、北海道をはじめとする観光業界のダメージは深刻です。営業時間を変更したり、定休日を増やしたり、しまいには経営不振で閉店してしまったり。

今まで過ごしてきた普通や日常があっという間に変わってしまったと感じています。

経済不況に陥ると懸念されるのが、職とお金です。「給料払えないから、バイバイ。」なんてところも実際ニュースなどで見かけます。

「はこだて海鮮市場」も営業時間の変更、人員の削減などをせざるを得ません。必要最低限で回しているのが現状です。

みんなが1番心配している、お給料はどうなるんだろう…。という悩みが尽きません。

お給料はどーYOU KNOW?

お給料=salary

salary man(サラリーマン)と日本ではよくいいますが、直訳すると「給料男」という意味合いになります。「給料を持ってくる人」という意味にもとれますね。

Ex) I am broken now because I used all my salary.

給料全部使ったので、今一文無しです。

Ex) He got grumpy face due to his low salary.

給料が低かったため、彼はムッとした顔をした。

お給料はsalaryのほかに、income(収入)とも同じ意味になります。

 

キュルキュル胃が痛くなる不安ばかりが募りますが、息抜きで少しおふざけもないとやっていかないと潰れてしまいますよ。

 

インスタグラムやっています。あまり真面目な内容ではないです。