蝦蛄。また難しい漢字が出ました。エビに似ていますが、エビやカニとは全く違う種類に分類される生き物です。茹でたり、寿司ネタにして食べるのが主流です。以前は、千葉県や神奈川県などで獲れていたそうですが、どんどん獲れる量が減ってきてしまい、近年は北海道の小樽・石狩産の割合が増えているそうです。東北・青森では「ガサエビ」、熊本県では「シャク」、福岡県の一部では「シャッパ」などの地方名があります。さて、なんでしょう。蝦蛄。

正解は…

「蝦蛄=シャコ」でした!「シャコ」の由来ですが、江戸時代はシャクナゲと呼ばれていたようで、殻を茹でると紫褐色にかわり、それがシャクナゲの花の色に似ていたことからシャクナゲと呼ばれるようになりました。そして、それがなまってシャコと呼ばれるようになったそうです。(残念ながら、担当食べたことないです…。ごめんなさい。)

で、英語でどーYou Know?

 

Mantis shrimp(マンティス シュリンプ)

エビには分類されないはずだが、思いっきり「エビ」って言っちゃってます!「マンティス」は虫の「カマキリ」を意味します。シャコの脚がカマキリのカマとよく似ていることが由来のようです。

 

 

A mantis shrimp tried to put his car into a garage. Then he scratched it.

シャコは車庫に車を入れようとした。そして、擦った。

A mantis shrimp wanted to talk to a giant clam, but the clam kept silence shutting his mouth.

シャコはシャコガイとお話ししたかったが、貝は口を閉じて黙ったままだった。

Mantis shrimp was playing Metal Gear S◯lid, but he seemed difficulties to beat Psych◯ Mantis.

シャコはメタルギア◯リッドをプレイしていたが、サイ◯マンティス戦で苦戦しているようだ。

 

(ごめんなさい。最後のは完全に担当の趣味に走りました…。)

シャコ=蝦蛄=Mantis shrimp もこれで、バッチリ覚えましたね!そんな、君たちはシャイコーだッ‼︎

 

最近、おかしな英語講座を開始している、はこだて海鮮市場。ご意見、ご質問ははこだて海鮮市場公式インスタグラムよりお願い致します。