昔からある洋菓子の代表として、チーズ蒸しケーキやレモンケーキという言葉をよく聞きます。そして、「カステラ」もそんな代表になりうる洋菓子だろうなと思います。しかし「おばあちゃんよく食べてるけど、カステラってケーキ?甘いパン?なんなん⁇」

そもそもカステラとは…

小麦粉に鶏卵、牛乳、砂糖などをまぜて蒸し焼きにしたお菓子。ポルトガル人が長崎に伝えたとのこと。カステラという言葉は、スペインのカスティリア王国(Castella)でつくられたところに由来しています。正体はケーキです。

日本が開国してカステラは先に長崎に降り立ったようですが、函館だって早々に開国した街です。カステラが上陸したのも遅くはなかったでしょう。

 

ポルトガルから日本まで船旅をしてきたカステラ。みんなに愛され、月日を重ねたお菓子は、函館で立派なカステラになりました。

木古内町にある北島製パンが製造している、「塩カステラ」です!

塩という名が付くとおり、甘いカステラ生地に少々お塩が入っており、飽きがこない甘さを演出してくれます。また、外箱が立派な木箱なので贈答品にも持ってこいです。函館のおみやげランキングにも載っている実力派です。

 

さあカステラは、どーYOU KNOW?

カステラ sponge cake(スポンジケーキ)

シンプルにスポンジケーキです。Japanese sponge cake という方が、普通にスポンジケーキというより特別感があっていいです。

castella(カステラ)と単語もあるのですが、ポルトガルから来たお菓子なので、英語圏の方々には伝わらないかもしれないです。「OH-! 何それ?オーソレミーヨ‼︎」って言われちゃいます。(イタリア語で「私の太陽」という曲名です。)

 

Ex) I was eating a Japanese sponge cake while watching SpongeBob SquarePants.

スポンジボブを見ながら、カステラを食べていた。

Ex) A squished food came from Portugal was a sponge cake.

ポルトガルからきた潰れた食べ物は、カステラだった。

Ex) I thought I was eating a Japanese sponge cake, but it was a sponge.

カステラを食べていたと思ったが、スポンジだった。

Ex) When I was spawned in different world, I was holding a Japanese sponge cake on my right hand.

異世界にスポーン(出現)した時、私はカステラを右手に持っていた。

今回のスポンジケーキは覚えやすいワードかと思います。「あれなんて言う?」の疑問を解消していきましょう。

 

 

「塩カステラが気になる。」という方は、オンラインショップ、北の直行便でゲットできます!

インスタグラムもやってみます。「フォローする」ボタンを何かしらの原因で押ささることを願っています。