函館もだんだんと暖かくなってきました。春が待ち遠しいですね。しかし、春の心地でのんびりしていると冷暗場で思いもよらぬ「いや〜」な出会いがあるかもしれません。暖かくなると急成長を始めるジャガイモです。

ジャガイモに芽が出たという状態です。

芽が出てしまったお芋は、芽に栄養が持っていかれてますのでおいしくないです。なおかつ、芽の部分は毒なので食べないでください。

芽の出たジャガイモを目の前に途方に暮れてしまう前に、そもそも芽が出ないお芋を入手するのはどうでしょう?

 

南富良野町振興公社さんから発売されている「バタじゃが」です。1袋に小包装で5個入っており、袋から好きな量を取り出して使えます。

すでに調理済みのお芋が真空パックになっているので、食べる時は袋から出してワイルドにそのままでもOK。レンジやオーブントースターで温めるとさらにおいしく食べられます。常温保存ができるので、アウトドアのお供にも温度を気にせず持ち運べます。

 

さてさて、今日の話題のジャガイモ…いや「ジャガイモの芽」はどーYOU KNOW?

ジャガイモ、potato

ジャガイモの芽、shoot/ potato eye

“Potato eye” …これを発見した担当はまさに目からウロコでした。「芽、目、eye⁈」面白いですね。そして、覚えやすい。使うタイミングは限られますが、ポテトアイはすぐに覚えられそうです。

This potato has too many shoots, I cannot handle this.

このジャガイモはたくさん芽がありすぎて、手に負えない。

Mr. Potato Head made a friend, “Mr. Potato Eye”.

ポテトヘッドは「ポテトアイ」という友達を作った。

Walls have ears. Doors have potato eyes.

壁に耳あり。障子にジャガイモの芽あり。

 

ちなみに、緑の葉っぱ(二葉)などの芽が出るは、sprout, seeding, bud といいます。

Sprout of beans were coming up in a short time.

間もなく豆の芽が出てきた。

 

英語って意外とシンプルです。「難しいから英語イヤ!」という方はシンプルに考えた方がいいかもしれないです。Simple is best です。

 

 

「じゃがバタ気になる。」という方は、オンラインでオーダーできちゃいます。

インスタグラムやってます。がんばってゆる〜くやってます。