よくわからないタイトルを付けてしまいましたが、北海道と言えば、海の幸。海のものといえばカニでしょ!という印象を持つ方が多いのではないでしょうか?

確かに、赤い姿は目を惹きますし、立派なツメがはインパクト大です。

しかし、一言でカニといえども種類があります。タラバガニ、毛ガニ、ズワイガニなど全部まとめて ”crab” と言ってもつまらないですね。カニはそれぞれ、どーYOU KNOW?

 

タラバガニ “king crab” (キングクラブ)

毛ガニ “hairy crab” (ヘアリークラブ)

ズワイガニ “snow crab” (スノウクラブ)/ “queen crab”(クイーンクラブ)

立派なツメがたくましいタラバガニはまさにカニの王様、king crab。

フサフサした毛に覆われている毛ガニはそのまま、hairy crab。

細身の足が美しいズワイガニは、snow crab または queen crab とも呼ばれます。

 

掘り下げて、カニの部位も一緒に見ていきましょう。

カニツメ “crab claw” (クラブクロー)

clawは鋭くて硬い「かぎ爪」のことです。nail(ネイル)の「つめ」はNG。ネイルアートされちゃいます。

カニアシ ”crab leg“ (クラブレッグ)

カニの甲羅 “crab shell” (クラブシェル)

カニみそ “crab miso” (クラブミソ)/ “crab butter”(クラブバター)/ “brown meat”(ブラウンミート)

カニみそは、一語で表す言葉がないので、補足説明のようなかんじで言いましょう。

 

Ex) When I saw a king crab, I started walking like a crab with no reason.

タラバガニを見たら、私は意味もなくカニ歩きし始めました。

Ex) “I’ll crack your head and stuck your brains out!”, he yelled at me so I gave him a crab butter.

「頭カチ割って、脳みそチューチュー吸ったろか!」と言われたので、カニみそをあげました。

 

主要な三大ガニの名前はおさえられましたでしょうか?姿をイメージしながら、覚えると英語も難しくはないですよ!

(ちなみに、カニみそはカニの内臓なんです。)

 

I feel like I want to eat a crab…。「なんとなくカニが食べたくなってたなぁ…」と思ったら、注文出来ちゃいます!

北の直行便(オンラインショップ)でゲットできちゃいます。カニだから、高いのはごめんさい。

 

インスタグラムもやってます。フォローしてみませんか?タップorクリックするだけでOKです。